2018/05/29 09:48

今日はスペック染めのお話

今回、Bisyus Knit Capに使用している糸

『フレンチリネンTOP杢 スペック染め』のお話です。。

フレンチリネン=フランス北部で栽培された高級リネン麻

TOP杢=原料わたの段階で何色かに染め分けした後、わたのまま数色の綿を混ぜ合わせて杢調に仕上げます。

スペック染め=さらに出来上がった杢調の糸をその上から染色します。これ、普通はやりません。何故なら杢調になった段階で十分完成と言えるからです。

一手間かけてスペック染めにすることは、単純に、味とかこだわりの部分ですね・・・

ここでスペック染めのご紹介

スペック染めとは、染料自体を半固形化して、糸に付着させ染める技法です。その手法により自然なムラ感が出て素晴らしい味わいになります。今回はそれを麻独特の光沢感のあるTOP糸との掛け合わせでなんとも言えない仕上がりとなりました。

味わいはは、デニムの染色に近くしかしながらデニムほど色落ち等のデメリットはございません。

しかしながら良いことばかりではなく、手作業工程が多く、短納期、大量生産は不可です。また、堅牢度(擦れ色落ち)が同素材に比べ若干弱いです。Bisyusはそれも味の一つと考えております。

Bisyus