2018/05/23 17:35


尾州(びしゅう)という呼び名は、昔の尾張(おわり)国の通称です。

尾州-北西部へは、今で言う一級河川の木曽川が信濃から美濃南西部を通って流れて伊勢湾へ注ぎ、一帯に肥沃な濃尾平野を古代より形成していました。

この地方で昔から農業はじめ織物を中心とした繊維産業が盛んになったのは、桑畑(養蚕の絹)、綿花畑(綿糸)に良い土壌や、糸、織物の染色加工や仕上げ整理に適した軟水等、木曽川の豊かな水と肥沃で温暖な濃尾平野の恩恵があったからとも言えます。それは、近代有名となった毛織物生産へ続いています。

 

そして今では、イタリアのビエッラ、プラートと共に世界3大ウール産地とも、イギリスのハダースフィールド、イタリアのビエラと並ぶ世界三大高級ウール織物産地とも言われ、世界的にもとっても有名な繊維産地なんです。

 

豆知識でした。

 

Bisyu’s